ファインダーズインターナショナルでは、ウェストロンドンのハミルトンハウスで開催されたもう1つのNational Deputyship Development Daysの成功を宣言できることを誇りに思います。

今年は3rdの年次イベントであり、会議は出席した公共部門と民間部門の両方からの優れたレビュー、フィードバック、プロの代理人からのサインで好評を博しました。

Finders International Public Sector Development ManagerのDavid Lockwoodが主催したこのイベントには、業界の専門家による洞察に満ちたプレゼンテーションが含まれていました。

TSF ConsultantsのDanielle RobertsとCharlotte Mayが、キャパシティ、最善の利益、調停について話し合いました。 RathbonesのMark HollowayとPaul Phazyが投資について話しました。 バークレイズのアルバートオカンラウォンは、サイバー詐欺と当日の主要ゲストスピーカーである保護裁判所の前上級裁判官について議論しました。

いつものように、ネットワーキングの側面が重要な焦点であり、代理船と被任命船に関係する人々にとって、この毎年恒例のイベントは必須です。

将来のイベントの日程は近日中に発表されるので、ソーシャルメディアアカウントとWebサイトに注目してください。

次の国家開発代理日は、11月の28thにスタジオでバーミンガムで開催されます。

ここでサインアップ.