公衆衛生葬儀バーミンガムイベント - 2 5月、19

国民保険の拠出による葬儀支援プログラムへの資金提供は、バーミンガムで開催されたFinders International主催の会議で公衆衛生法葬儀で進行中の問題について議論した評議会役員からの1つの提案です。

参加者は、サービス提供の主題と、地方自治体によって何が提供されるべきか、または提供されるべきでないかについて議論した。 一部の当局が火葬を選択する一方で他の当事者が埋葬を請け負っているため、慣習が国によって異なることは明らかでした。 また、協議会のスタッフが彼らが提供するサービスに深く気を配っていることは議論を通して明らかでした。

初期の1980で書かれた最新の法律はイングランドとウェールズにのみ適用され、スコットランドは戦後のイギリスにまでさかのぼります。 現在の法律は社会的要因を考慮に入れておらず、議会が従うべき最低基準を設定していません。 先週のイベントで役員は明確なガイドラインの欠如を特に心配していました、そして彼らは全国にサービスの平等があることができるように最低基準が導入されることを望むことを表明しました。

その役割のための資金はまばらで不規則であり、公衆衛生法葬儀に予算がないと一部の当局が報告しているので、多くの役員はこの重要な社会サービスのための収入へのアクセスを容易にする新しい法律を見たがっています。

議論された提案のうちの1つは、人が死んだときに葬儀費を支払うために、増加した国民保険の貢献によって資金を供給されている国家計画のためでした。 これは、各個人が基本的で威厳のある葬儀を確実に受けるようにするでしょう。 これは、おそらくDWPの社会基金によって提供された現在の方法でテストされた寄付を置き換える、全国的な観点から管理される必要があるでしょう。

Finders Internationalの会議主催者であるDavid Lockwoodは、これが「議会役員が立法に影響を与えるためのプロセスの始まりである」と述べ、「Finders Internationalがプロセスを通じてスタッフを支援し、他の組織が協議会との対話に参加するよう奨励する。同氏は、次のように述べています。 見落とされがちだが重要なサービスを提供するために協議会が支援を受けることが重要であり、全国の協議会がさまざまな方法で法定義務を履行することは明らかである。

Findersはロンドンの2020で別の会議を開く予定です。