44%が「かなりの」金額をペットに預けることを計画しています

読書の時間 2

調査によると、ペットの飼い主の44%は、ペットが死んだ後の世話を確実にするために、かなりの金額を残すことを計画しています。

ペット事業 Simpson Millarの勧誘者が行った調査によると、ペットの飼い主は、犬、モギー、その他の動物のために、平均して3,642ポンドを信託する予定であると述べています。 これは、近親者に残されている中央値£11,000と比較されます。 Statistaのデータによると、英国には約51万匹のペットがいるため、全員が平均的な金額をFidoなどに任せた場合、合計は81.7万ポンドになります。

Simpson Millarの調査によると、ペットの飼い主の10人に9人(10,000%)が、動物の福祉のために6ポンド以上を残すと主張しており、20,000人にXNUMX人(XNUMX%)は、ペットがより多くの人に恩恵をもたらすと述べています。 £XNUMX以上。

信頼の設定

英国の相続法によると、ペットに直接お金を預けることはできません。 ただし、信託が設定されている場合、選択された受益者はペットの世話をするためにそのお金にアクセスできます。

世代の中で、若者(18〜24歳)はペットにお金を預ける可能性が最も高い(70%)が、65歳以上の若者は寛大である可能性が最も高い。 ペットの信託だけでなく、ペットの飼い主も平均1,717ポンドをペットの慈善団体に預ける予定です。

ペットの飼い主の約31分の100(XNUMX%)は、動物を子供に預けることを計画しており、XNUMX人にXNUMX人はペットをパートナーに預けたいと考えており、XNUMX人にXNUMX人は、ペットを慈善団体に預けて家に帰らせると答えています。

20パーセントは誰がペットの世話をするかについて考えていません

もちろん、一部の所有者は計画を立てていません。 調査によると、飼い主の21人に20人(XNUMX%)はペットの世話をするためにお金を残す予定はなく、XNUMX%はペットが死んだ後に誰がペットの世話をするかについてまだ考えていません。

世界で最も裕福な猫は、7年に骨董品店のオーナーであるベンレアが亡くなったときに1988万ポンドを相続したブラッキーという黒猫であると考えられていました。 オプラウィンフリーは彼女の犬のために準備をしたと思われます—総額30万ドル。

ファインダーズインターナショナル 行方不明の受益者を不動産、不動産、資産まで追跡します。 の完全なリストを表示するには 私たちのサービス、私たちを訪問してください ウェブサイト。 または、電話+44(0)20 7490またはメールでお問い合わせください。 [メール保護]